増毛 お試し

パッチテストのやり方

ここでは、簡易パッチテストから本格的パッチテスト、
そしてポイントをご紹介しましょう。
簡易パッチテスト
1.テストを行う化粧品を二の腕や太ももの内側など、皮膚の柔らかい部分に塗る(10円玉程度の大きさ)
2.24時間経過するまでそのままにし、かゆみや赤みの反応がでるかどうかをチェックする
ほとんどの化粧品やヘアカラーの説明書には、簡易パッチテストの説明がありますが、24時間で反応がでない場合もあります。 アレルギー体質や過去にそういったトラブルがあった人は、やはり本格的テストが必要になりますね。
本格パッチテスト
皮膚科に行ってパッチテストを行うと、汗や水に強い専用のパッチテスト用絆創膏や試薬などを使ってチェックしてもらえます。
自分でもう少し本格的にテストしたい場合は、市販の絆創膏やコットンを利用して肌に密着させる形で48時間経過して反応をみます。 お風呂に入る場合は、ビニールなどで腕を巻いて行います。
粧水、乳液、 口紅、香水
直接絆創膏などに塗って肌に貼り、二日ほど経過をみて、除去後1時間と翌日にテスト部位を観察して判断する
石鹸、シャンプー、クレンジング
精製水や蒸留水で薄めて、あとは化粧水などと同じように絆創膏に塗ったものを肌に貼って様子を見る
除毛クリーム、 ヘアカラー
直接肌に塗り、20分後に拭き取って肌の状態を観察する
パッチテストのポイント
汗や入浴など外的要因が入ってしまうと、正しい反応がみられなくなるので、経過を見るときは注意が必要です。 また、かぶれの元となる成分の特定をしないと、いつまでたっても肌トラブルから回避できません。  「化粧品を替えても、肌のトラブルが治らない」という場合は、替えた化粧品にまた肌に合わない前と同じ成分が含まれている可能性もあります。 必ずパッケージや容器の表示を確認しましょう。 医薬部外品は全成分の表示がないものがありますから、その場合は直接メーカーに問い合わせてみましょう。